FC2ブログ

2020-05

灰色の更新

第7話54~57pをあぷ

7話、あと少しで終了です!

ウィルの闇が垣間見えるシーン。
師匠の「私情でそういう言葉を使うな」は
裏を返すとつまり大局のためなら殺せる、という意味を
含んでおります。そういう組織ということです。

そしてウィルは「殺す」と言ったそばから同胞のモルドへの
思いやりを見せます。まぁ危うい十三歳ですな。

ご訪問ぱちぱちメッセージありがとうございます!!
以下、お返事vVvV

28日りおさま
ふぉぉっりおさんありがとうございます~(∩´∀`)∩
メディウス兄さんガチのクズなんでホント申し訳ない(笑)
ウィルとメディウスの因縁は全然ご期待と違う方向へ行きますが、
引き続き見守って頂けましたら…<(_ _)>

そして返信不要の方もありがとうございました…!! 
心救われました…!
スポンサーサイト



灰色のヴァリアンテ更新

第7話50~53pをあぷ

新キャラ続々登場
今は覚えなくて大丈夫です(笑)

娼館の女将デイナさん、デラックスって言わないでw

そしてウィルの師匠、ディニエ。
この背後をとる登場の仕方がラスさんとデジャブるんですが…
まぁ…立ち位置的には色々カブってますw

娼館の一室で密会というシチュエイションにどうにも居心地悪い
思春期真っ只中のウィル君です(笑)

最近の更新頻度がアレな感じなのはあれです、
カウンターはずっと0だし、web拍手にもここ数日スパムメッセしか届かないので
もう誰も読んでくれてないんだなと思って開き直ってシュミに走りまくったら
楽しくなっちゃって止まらなくなってるやつです。
すっかり心折れそうだったのですが、パチパチ頂いて「あ、誰もいないわけじゃなさそう?」と
少しホッとしました…もう少し頑張ろうと思います(・´з`・)

拍手メッセージありがとうございます<(_ _)>
24日「ツイッター拝見して」さま
お気遣いさせちゃって恐縮です💦そして励ましのお言葉ありがとうございます!!
いつか漫画もお楽しみ頂けるようにがんばりますv

灰色のヴァリアンテ更新

第7話49pまであぷ


ほほほほいっ
今回はモブ回です。
第3話でリーナの誕生に居合わせた侍女達、憲兵隊、夜中に
抜け出したウィル。
そして大公殿下と一緒にいた暗殺者の正体は・・・???
あ、新キャラのモルド登場です。吃音持ちの下働き。
グリモルドという名前は「灰色鼠」という意味です。あだ名かな?
黒い痣は生まれつき。黒屍病の痕というわけではないです(本編で出てきます
う~、モルドはもっとブサメンにする予定だったのがちょっとかわいくなってしまった💧

会話シーンは描いてて楽しいです♪今回などはそれなりに重要シーンですが
スルーで大丈夫!(そうなの?(笑)

灰色のヴァリアンテ更新

第7話37~42pをあぷ

ふぉぉぉ…私の好きな暗躍シーンが来た…
ヴァルクリヤ、はあれです、ヴァルキリアと同義ですが、
赤漫画では「処刑人」灰色漫画では「暗殺者」となってます。
そして、白の祝福を受けて「盾」になるには他の白の盾の推薦が
必要、というくだり。
若手二人、イェルハルドとフランベルクもそれぞれ、師匠のタイロンと
ラダの推薦で就任してます。
わりと好き放題のイグノス様ですが、自分の懐刀(ふところがたな)を何の
脈絡もなく白の盾に据えるのはあからさますぎて出来ない模様…
でも、実質イグノスの護衛には誰も就いてないわけで、出来ないこともないか、と
後から思ったり思わなかったり。

後で使えるかもしれないけどはっきりとは決めてない伏線を張るのが好きで
今回も多用してますが、活きるかどうかまだわからない~♪

赤漫画だと、お城のあちこちに彫られた竜文字には誤字がある、っていうのを
3・5話で出して、最終章でやっとその意味を明かせましたが
3・5話の時点ではどういう意味にするかは未定でした💦
あと、1話でもジル達の遊び場に彫られてるのが竜文字で、
あれは時の門になってて全部きちんと詠唱するとティマスプトに飛んでっちゃう
設定でしたが結局使えず…とか

今回もイグノス様のセリフの中に色々仕込みましたが、さて…どうなるか??


というか、真の悪役はこんなあからさまに悪だくみを見える化させないというのが
私の考える最強の悪役なのですが…でも、見えないところで悪だくみしてても
漫画的におもんないし~。ここは伏線はっとかんと。
あ~もう!難しい!

灰色のヴァリアンテ更新

灰色のヴァリアンテ第7話36pまであぷ

ネームでどんづまっていた箇所が何とか…何とかまとまりだしたので
ひとまず心安らかに原稿作業に戻ります💧

ここから先、わりかし重要拠点となる場所が登場予定なのですが
地名がまだ決まらず焦っております(笑)
もうすぐ着いちゃう~
そして重要キャラも登場予定…なのにまだデザインが未決定…ああ…あああ
タイトルの由来にも7話あたりでサラっと触れます。

頭の中のストーリーが先走りすぎて、全然手が追いつかないのが
もどかしい…伏線張り張りしてる時って楽しいんだけどしんどい…
ネタバレしたくなる衝動との戦いなのです。



たまには惚気てみる

ああ、リアルの話じゃなくてですね(笑)

某様から、またまたkingdomREDに出てくる近衛隊のスピンオフ小説を
頂きましたー!!!きゃー///

番外編の最終話「誓いⅡ」の続き部分にあたります。
幸せの続きがまた読めて、にやにやが止まりませんっ!!ヾ(≧▽≦)ノ!!
もうあの、近衛隊とかクロさんとかがほのぼ~のしてくれていればそれで幸せ~な作者です…v

きっと近々完成版をweb上で上げて頂けると思います!
そして完成版はコミカライズする予定でおります!

あんまり声高に言うのは憚られる…と思っている作者なのであれなんですが
二次創作して頂けるのは本当にうれしくて光栄です!
特に、本編完結から2年、番外編完結からも1年経ち、忘れた頃に届いた
ご褒美のようで…最高にうれしいです!

ここのところすっかりkingdomRED世界に舞い戻っておりました。
灰色世界がどんどんきつくしんどくなる現状なので現実逃避がひどいw

拍手お返事v

まずは拍手お返事を~!!
ありがとうございます!!

りおさま
りおさん💕すみません連日のメール攻撃💧💧
こちらでもメッセージありがとうございますっ
うわぁぁぁイシリエンファラミア様はセクシーどSでイイですよね~(笑)
ヴァレイさんは変態のSなんで(変態が多いな…)今から謝っておきます
(何だこの返信💧

灰色のヴァリアンテ更新

第7話24~31pまであぷ

何とか…何とか通常運転に戻りつつあります!
安定して更新できるようになりそうです(ノД`)・゜・。ほっ…

今回の更新分でちょっとミスがありまして、今回というか以前の分か。
ウィルは「アルビニアンの中でも珍しい白銀髪」という設定なんですが
アルビニアンの多くが「金髪」です。
第3話にて、大公のモノローグで息子達の風貌を「白銀髪」としていた
箇所があったのですが「金髪」の間違いでした💦

しれっと修正しときました💧

灰色のヴァリアンテ更新

第7話23pまであぷ

ようやく!ようやく~!!
もう一人の主人公ウィラードの登場です!
あ~長かった💦
ジルを上回るコミュ障なのでよろしくどうぞ…

拍手お返事と、考察

まずは第7話開始にご訪問ぱちぱちメッセージありがとうございます!!
以下、お返事ですVvvv

2日りおさま
お久しぶりです~!!りおさんメッセージありがとうございます!!
喜びのあまり長文メールしてしまいましたが(笑)
もし届いてなかったらご一報ください~💦
7話開始のタイミングで色々お言葉聞かせてもらえて
とてもとても元気が出ました!ここから先どんどん陰惨になるので(笑)
続きをがんばる勇気を頂きましたvがんばりまっすー!



昨日は某様とのDMのやりとりで興味深いというかなるほどなぁとまた思ったことが
あったので覚書(笑)
以前もブログでつらつら悪役考察など書いてたんですけど、
あくまで個人の感想ですが、悪役と善人なら圧倒的に悪役の方が
描くのが難しい…!
自分にとっては、途方もなく彼方にいて手が届かない、ある意味憧れる…みたいな
感じ。いつもうっすらとぼやけていて見えそうで見えない。
そして、真の悪役とは(これも自分だけの基準ですが)読む人に
「根は悪くないんだよね」とか「悲しい寂しいひとなんだよね」とか思わせない(笑)
「ちゃんとした」悪人だと思っているので、ますますうすらぼけて全貌が見えません。
それじゃだめなんだけど、灰色漫画はこれまで描いてきた敵役とは
違うキャラを描きたいなーと思って始めたお話なので
これまでの自分の作風(具体的にどんなイメージなのかはわからない…)を
好んで見てくださってた方にはもしかして嫌われるのかなと思ったり。

さらには、灰色漫画のキャラ達は善人のようでもひどいことするし、
山のように失敗します。

優しく強い清廉潔白なキャラが暗黒面を見せるのは
読み手さんには不快なものだと思いますが
自分はそうでなければ物語を描く意味がないと思ってます。

灰色漫画は正しく在ろうとすること、そうできないこと、それに反すること、
その葛藤と戦うことがテーマのお話です。失敗が許される世界であってほしい。
間違えても失敗してもやり直せる(取り返せないこともあるけども)
そんな希望のある物語が描きたいです。



灰ヴァリ設定集①

以下、覚えなくていい設定資料です

<女王の血の祝福による効果>
1・五感のある部分が強化される
2・身体能力のいずれかが強化される
3・1,2の二つが同時に顕れる場合がある
4・老化が緩やかになる(不老とはならない)
5・1,2,3のどれにも当たらない特殊能力を授かることがある


<デメリット>
1・その人間の本質、深層心理が深く関わるため
情緒不安定な者が摂取した場合心身に異常をきたす
2・身体の異形化が顕れる場合がある
3・ごくまれに拒否反応が顕れる場合がある(その場合命に関わることも)

女王と血を介して繋がるため、女王の竜呪には絶対服従(意志に関わりなく)
だが、デメリットが生じた状態の者は自我を失い制御できないことも


アルビニアに竜語を授けた竜人エレスジールに
よると、目に見えない竜脈の力に敏感に作用する女性は
男性よりも竜呪を操るのに長け(男性でも向いている者はいる)
それは竜呪が本来、攻撃性、闘争心よりも自然との調和や治癒、修復などに
効果を発揮するものだからである

アルビニアが女王制なのにはとある理由があるが、竜呪を操るのに
長けているからというのも理由の一つになっている

また、竜語は本来自然や竜脈の力を取り込み、それを操って竜呪が作用するもので、
竜人の血にそれを増幅させる効果はあるものの、血の力を持たない人間が唱えた
竜呪でも全く効果が顕れないわけではない…らしい(竜語そのものに力が宿るといわれる)


・・・というのが後々本編で出てきたりこなかったり(笑)

血の祝福で頂ける能力というのは、竜人が持っている力のいずれか一つ(か二つ)
ということになるです。
こうしてみると、ジルやラスは本当は竜呪が得意じゃなかったのですな~(笑)
ジルに至ってはほとんど竜呪を使ったことがないという…💧

ちなみに竜人の女性はラグナディアを覗いて皆人間の姿で生まれ、竜の眼も特殊能力も
持ちませんが竜呪の扱いだけは男性の竜人よりも優れていたという設定です、が、
それは本編では描かれませんでした~
グィマ族の血脈は元をたどれば竜族の女性となり、グィマ女性が人間でありながら
(わずかながら)竜呪を使える所以ともなりました。

灰ヴァリでは、アラクファルは現役盾の中で一人だけ先代女王から
祝福を頂き、年齢もだいぶいってますが緩やかな老化により見た目にあまり
変化がない、という設定です。それでもソニエラの幼少時に護衛に就いた時点で
20歳前後、ソニエラとは12歳差くらいです。
このあたりは本編ではあまり掘り下げる予定がないのでここで書いちゃいました💦

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

アリカ

Author:アリカ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索