FC2ブログ

2012-07

むにゅ~

今さらですが、先月で連載4周年になりましたぁ(*´∀`*)
自分の好きなものを好き勝手に描き続けてきただけのことですが、読んでくださる皆様が
いなければ続けることは難しかったと思います。改めまして、ありがとうございます
このへんでそろそろ、タイプミスした自サイト名を本来の名前「アリカリイオン」に直したいところです(笑
そのうち登録させていただいてるサーチ関係回るか~。恥ずかしいなぁ><;

以下覚えなくてもよい覚書シリーズその②>
真竜呪(ドラグノーグ)・・・竜族が自らの血と竜語を使って行う呪文。血を与えた相手(対象物)を
              自由に操ることができる。やり方は二つあり、一つは対象に血の印を刻み
              竜語で唱える。対象に名前をつけてやることで操り易くなる。もう一つは
              血縁に有効で、血印なしに操れる。血の繋がりがあり、名前を知る相手で
              ある必要がある。竜呪に対抗するには、強い精神力がいる。

竜語(ラグノーグ)・・・竜族が用いた言語。人間のあいだには広まっていない。グィマ族は竜族と交流が
            あったため、部族のあいだでのみ竜語を代々伝えてきた。
            言葉にも文字にも特別な力が宿ると信じられているため、グィマ人も重要な
            儀式を除いて竜語を使うことはない。

真竜名(ドラグノーマ)・・・竜族が伝えたまじない。心から信じる相手に自分の魂を捧げる代わりに、
              相手から秘密の名前をもらう。誰にも知られない名を持つことで、魂を
              支配されないよう守ることができる。
              双方に信頼関係がなければ成立しない。儀式は竜語で行う。
              ちなみに竜族が普段呼び合う名は「竜名(ラグノーマ)」
              魂の名は「真竜名(ドラグノーマ)」。人間にも有効で、アレクセインは
              ヴェーダから真竜名を与えられている。彼の真竜名は「イスカリマタル」。

竜族(ラグナルク)・・・不死竜から生まれたとされる種族。長命で、額に竜の眼と呼ばれる赤眼を持つ。
            不死竜の恩寵を授かった代償に、その理を厳守する宿命を負う。自らの血肉と
            する以外の理由で命を奪った竜人は自らも命を奪われる。その肉体は塵となり、
            魂も残らず完全な無になり、二度と理の輪に戻ることはできない。
              
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

アリカ

Author:アリカ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索